初めてでも大満足!自分にマッチする注文住宅を建てるためのノウハウを紹介

注文住宅は、間取りも外観もすべで自分の好みに設計することができます。
計画的に設計したり計画することで、より一層自分好みの家が出来上がるでしょう。
まずは、何をすべきかしっかりノウハウを抑えることが大切です。
準備を整えてから、計画を立てていけば満足できる世界に一軒しかない自分だけの家を建てることが可能です。
多少時間がかかっても、慌てずに準備だけはきちんと念入りに行うことが成功するための秘訣になります。

初めてでも大満足!自分にマッチする注文住宅を建てるためのノウハウを紹介

注文住宅を建てるためのノウハウで一番最初に気をつけたいのは、間取りをしっかり考えることです。
外観や内装に目が行きがちですが、まずは間取りをきちんと考えていきましょう。
そのためには、家族構成やどんな暮らしがしたいかをしっかりイメージして行くことが大切です。
大変かもしれませんが、部屋数や広さを自在に変えることができる注文住宅ならではの楽しみです。
間取りが決まったら、外観や内装を決めて行くようにします。
その際には、工務店などに依頼して壁紙の見本などを見せてもらうとイメージが湧きやすいです。

注文住宅をおしゃれに仕上げるコツ

住宅の取得にはすでに建設されているものを購入する場合と、最初から自分で設計をして建設を行う注文住宅の場合があります。
建設されている建売住宅の購入の際には、多くの場合にはある規格に沿った標準的なものが建てられますので、購入者個人個人の好みなどということについて配慮することは困難です。
それに対して注文住宅の場合には、設計の段階から主体的に購入者が関わることができますので、好みに合わせた住宅建設が可能となります。
ただその設計の際には、きちんとしたコンセプトを持っていなければなりません。
おしゃれに住宅を仕上げるコツとしては、まず最初に統一したコンセプトを決めるということです。
その後、定めたコンセプトに従って材料の選択や色合いなどというものを決めて行きます。
具体的に言うとカラフルな内装とするか、それともウッディで落ち着いた感じの内装にするかなどということです。
注意しなければならないのは、それらが入れ混じらないようにする事が大切です。
コンセプトが崩れてちぐはぐな感じになります。

注文住宅の外装に関するこだわりポイント

注文住宅は内装やキッチンにこだわりがちですが、外装に関してももっと考えたり、希望を明確にして盛り込むのが良いのではないでしょうか。
注文住宅における外装には、色や耐久性に加えて、お手入れがしやすくなる防汚性、それに省エネにも繋がる遮熱性などの機能といった要素もあります。
どこにこだわりを見せるかは人によりますが、注文住宅は一生ものの買い物になったり長く住み続けることが多いので、妥協なく選んで組み合わせたり建築を決めることが大事です。
確かに塗装は屋根も同じく塗り直しできますが、あまりに耐久性の低い安い塗料を選んでしまうと、短期間のうちに汚れやひび割れなどの劣化が目立ってきます。
逆に、多少高くても耐久性に優れていて機能性も併せ持っている塗料は、注文住宅が完成してから長期的に住宅を新築に近い状態に保ってくれます。
このように、塗料が違うだけで家の印象や満足感も大きく変わってきますから、妥協せずに済むように予算を配分して、しっかりと選ぶことが肝心ではないでしょうか。

注文住宅でよく採用される内装とは

20代から30代の若い世代を中心に、注文住宅が高い人気となっています。
限りなく理想に近い住まいを手に入れられるのがメリットで、マイホームをはじめて手に入れる方に支持をされているわけです。
ここでは簡単に、注文住宅施工でよく採用をされる内装の特徴について、見ていくことにしましょう。
若い世代の間では、北欧スタイルの住まいが人気です。
ウッド調の内装と白い壁紙を採用しており、モノトーンの家具を設置して雰囲気を高めます。
室内環境を自由に設計できる点も、注文住宅の魅力といえるでしょう。
ご自身で室内のデザインができない場合は、ハウスメーカー側にテンプレートを提示してもらうのもひとつの手です。
アメリカンスタイルから和風・エスニックなど、世界各地の室内環境を再現するテンプレートが用意をされています。
または住宅展示場に足を運び、そこで再現をされているお部屋の様子を参考にするのも、注文住宅を建設する際の材料となります。

注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違い

注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーがありますが、具体的にどのような違いがあるかはあまり知られていないのではないでしょうか。
前者のフルオーダーは文字通り、何もないところから希望を盛り込み、形を作り上げていく注文住宅の方法で。
後者はある程度パターンのようなものが用意されていて、選択肢の中から選んで組み合わせて形にしていくやり方です。
つまりセミオーダーは半分くらい自分で考えて注文住宅を形にする方法で、0から作るよりもイメージを固めやすく、短期間で設計を進められるのが特徴です。
拘りが強かったり予算が潤沢であれば0から作るのもありですが、拘る箇所が限られていたり予算が限定的であれば、パターンから選ぶ方が楽です。
内装や設備なども選択肢が用意されていますから、自分で探し求めて比較検討して決める必要がなくなりますし、洋服のコーディネートのように1つ1つ選んでいく感覚で決められます。
注文住宅の注文方法にはこのような違いがあるわけですが、差は明白なので自分にあった方法が選びやすいのではないでしょうか。

地震に強い注文住宅なら耐震工法を理解しておこう!

設計の自由度が高い注文住宅のメリットは、やはりこだわりのある住まいを実現できること。建物のタイプや外観デザインをはじめ、間取りやインテリアさらには設備や外構部分に至るまで、自分たちが求める条件や好みに合った住まいが手に入ります。もちろん機能面でも、自由自在にカスタマイズが可能。そのため施主の中には耐震性を重視するケースも、決して少なくありません。
例えば木造住宅というと地震に弱いイメージありますが、ツーバイフォーと呼ばれる木造枠組壁式工法であれば、壁と床面や屋根で建物全体を支える構造なので、地震に強い家づくりが可能です。また中高層の注文住宅であれば、鉄筋コンクリートによる耐震工法も選択肢に入れるべきでしょう。鉄とコンクリートの強みを組み合わせた強固な構造なので、比較的高さのある住宅であっても、優れた耐震性が期待できます。なお耐震性の優劣を判断するには、耐震等級で判断することが可能です。業者ごとに得意とする工法がある上、耐震等級もそれぞれ異なります。したがって業者選びでは耐震工法に加え、耐震等級の施工事例もしっかりチェックしなければなりません。

注文住宅のコストダウンを希望するなら延べ床面積にも着目しよう!

注文住宅の魅力といえば、やはり設計の自由度が高いことでしょう。そのためデザインや間取りあるいはインテリアや水まわりの設備など、自分たちの好みや条件にマッチした家づくりが可能です。とはいえ、あらかじめ建築資材やデザインそして工法などが決まった規格住宅とは異なり、注文住宅のようなオーダー建築では何かとコストが増えてしまうのも事実。このため注文住宅で予算を重視するのであれば、事前にしっかりと建築プランを練って、家づくりのコストダウンを図ることが求められます。その際に着目したいのが、建物全体のスケールや形状です。例えな延べ床面積を少なくするだけでも、床の建材や施工の手間が省けるので、その分だけ建築コストのダウンにつながります。同じく建物の形状でも、できるだけ凹凸を減らしたシンプルな外観にすれば、その分だけ外壁や屋根に必要な建材や塗料、そして工事の際の足場の組み立ても少なく済むため、結果的にトータルでコストダウンにつなげることが期待できるでしょう。

注文住宅は節水機能も備えて建築しましょう

注文住宅とは住まいの中で最も贅沢な住まいと言って間違いないでしょう。なぜならオールカスタマイズな住まいであるからです。
土地選びから建具選び、間取りにデザインに至るまですべてオーダーし希望をすべて詰め込んで、建築できてしまうわけです。アメリカンハウスやサーフハウス、キャッスルのような別荘風の住まいなどどんなデザインにも応じます。そのため建築費用は非常にかかってしまうデメリットもあるんです。そこで住んでから少しでも節約できたり、ランニングコストを抑えるように建築することも大事なのです。それには節水機能を備え付けた注文住宅にしたり、断熱材を入れて冬にあまり暖房費がかからないように工夫して建築することもおお勧めなんです。トイレやキッチンなど、あまり水が大量に流れないでエコ仕様のモデルもたくさん販売されてるんです。トイレメーカーやキッチンメーカーに出向いて、実際に節水機能が充実したモデルのキッチンやトイレを取り入れてもらいましょう。

注文住宅では自家発電なども備えておきましょう

注文住宅は夢の住まいです。多くの人がこの住まいにあこがれているのは言うまでもありません。注文住宅は自分の希望をすべてかなえることができる住まいです。
予算に余裕があるならば、外国から建材を取り寄せたり、アンティークやゴシック風建築にするのもおすすめです。設計会社に依頼すれば、最大限希望にそう施工会社を見つけ、徹底したカスタマイズなおうちを作り上げることができるんです。デザインや間取りにこだわる人も多いですが、予算が許すのであれば災害に備えた家づくりも目指すことも大事です。自家発電装置などを備えておくと、災害時停電になったりガスがストップしても電気がついたり、お湯を沸かすことも可能となります。耐震構造にあらかじめしておき建築することも大事でしょう。2×4工法であれば地震が来ても倒壊しにくく、安心して住むことができるようになるんです。制振装置などもついでに着けておくと地震に対して万全に備えられることになります。

狭い土地を活かした家づくりなら設計事務所の注文住宅

注文住宅を建てることが決まったら、一般的な依頼先の一つとしてあげられるのが設計事務所です。設計士と依頼者が直接向き合い家づくりを行うため、家族の人数やライフスタイルなど希望に合わせた家づくりが実現します。
ハウスメーカーや工務店のように設計から施工までを一貫して請け負うというわけではなく、設計を主に行っている事務所であるため建築家や設計士が設計を担当し、施工は下請けの工務店などに依頼します。施工を依頼したら終わりということではなく図面通りに進められているか確認する管理業務を行うため、第3者の目が入ることで施工業者にいい加減な施工をされないといったメリットも。また専門的な知識で、狭い土地や少し変わった形状の土地を最大限に活用する狭小住宅を得意とします。家の中も豊富なアイデアと工夫で、暮らしやすい空間に仕上げてもらえます。設計事務所なら、自分の暮らしにピッタリなオーダーメイドの注文住宅が実現します。

注文住宅 内装に関する情報サイト
注文住宅を知ろう

注文住宅は、間取りも外観もすべで自分の好みに設計することができます。計画的に設計したり計画することで、より一層自分好みの家が出来上がるでしょう。まずは、何をすべきかしっかりノウハウを抑えることが大切です。準備を整えてから、計画を立てていけば満足できる世界に一軒しかない自分だけの家を建てることが可能です。多少時間がかかっても、慌てずに準備だけはきちんと念入りに行うことが成功するための秘訣になります。

Search

更新情報