注文住宅のトラブルを回避するテクニック

注文住宅のトラブルを回避するテクニック

注文住宅を巡って起こるトラブルにはさまざまなケースがあります。
しかし、その原因に関しては、ある程度の共通点が存在するのです。
それは依頼側と施工側の間に意識のずれが生じていることです。
それぞれがイメージしている到達点が違っているため、施工が進むにつれて違和感が出てきます。
これを回避したいなら、事前の打ち合わせを十分に実施することが大切です。
感覚的に要望を表現して後は任せるというスタンスは良くありません。
自分の考えを具体的な形にして伝えないと、多かれ少なかれ食い違いが生じることになるでしょう。
理想的なのは3DCADを用いて、リアルな図面にしてもらうことです。
それを見て違和感があれば、また要望を伝え直して修正してもらいます。
これを反復しているうちに、図面の住まいは自分のイメージに近づいていきます。
完全に一致すれば、後は注文住宅として仕上げてもらうだけです。
完全にゴールが同じであれば、トラブルが起こる可能性は一気に低くなります。

注文住宅の打ち合わせで契約前に確認するべきこととは?

注文住宅は価格が高いだけに、ちょっとしたコミュニケーションのすれ違いが大きな損害に発展することもあります。
どのような点を契約前に確認しておけばいいのでしょうか。
まずは標準仕様とオプション仕様の境界線です。
たとえば坪単価を提示されたあとに、モデルルームと同じ設備の設置を希望すると、契約時にオプション料金を請求されることがあります。
住宅展示場というのは顧客に少しでも魅力的に感じてもらうために、標準仕様ではない内装が採用されていることがあるのです。
そのため展示場と同じような注文住宅を建てようとすると、思っていたよりも多くの費用がかかることもあります。
どこまでが坪単価に含まれていて、どこからが標準仕様から外れるのかを必ず契約前に確認しましょう。
また住宅ローンの手続き代行も、住宅メーカーによって斡旋手数料が大きく異なります。
斡旋手数料の相場は借入額の1パーセント程度ですが、注文住宅は高額なため、ほんの数パーセントでも大きな負担になるのです。
契約の前に手数料も必ず確認してください。

に関する情報サイト
注文住宅を知ろう

注文住宅は、間取りも外観もすべで自分の好みに設計することができます。計画的に設計したり計画することで、より一層自分好みの家が出来上がるでしょう。まずは、何をすべきかしっかりノウハウを抑えることが大切です。準備を整えてから、計画を立てていけば満足できる世界に一軒しかない自分だけの家を建てることが可能です。多少時間がかかっても、慌てずに準備だけはきちんと念入りに行うことが成功するための秘訣になります。

Search